注目の記事 PICK UP!

JPモルガンと暗号通貨

なぜJPモルガンCEOは「ビットコインは詐欺だ」とまで言ったのか?

昨年、JPモルガンは、ブリッジ通貨「リップル(Ripple)」を使った国際送金をグローバルに行う銀行連合「R3コンソーシアム」に加わりました。

しかし、それもごくわずかの期間で、JPモルガンは、すぐさまR3から脱退し、今年3月、“最強の秘密暗号通貨”と言われているZcash(ジーキャッシュ)との提携を正式に発表したのです。

この世界最大の投資銀行にとって、最も大切なことは、多国籍企業や富裕な資産家である大口の顧客の秘密を守ることです。

JPモルガンが、大口顧客の海外送金にビットコインを採用せず、さりとて、一度は検討したリップルも使わず、Zcashを採用したいと考えている理由は、その匿名性の高さにあります。

ビットコインは、その仮名性から、トランザクションを追跡しようと思えばできるのに対して、「ゼロ知識証明」という方式を採用しているZcashの場合は、それぞれのトランザクションにおける暗号通貨の量、送信者、受信者を非公開にした状態で送金処理が可能になるのです。

暗号通貨を使用したトランザクションの追跡が、絶対といっていいほど不可能なのがZcashという暗号通貨です。

また、JPモルガンは、ブロックチェーン技術「イーサリアム(Ethereum)」の開発や普及に取り組むEnterprise Ethereum Alliance(EEA)に加盟しています。

推理力を発揮するまでもなく、JPモルガンは、明らかに「アンチ・ビットコイン」なのです。

「大衆的な暗号通貨」vs「富める者のための暗号通貨」

さて、JPモルガンが、この決定に至ったいくつかの理由を挙げることができますが、大前提として、JPモルガンの根底に、99%のための国際銀行ではなく、あくまでも1%のための国際銀行であり続けたい、という強い意思が流れていることが挙げられます。

世界中には、難民をはじめとして、その国で銀行口座を開設できない人々が大勢います。

また、他国から出稼ぎにやってきた外国人労働者が、母国の家族に仕送りしようとしても、銀行から国際送金の手続きを行うと、法外な手数料が取られます。それどころか、国によっては、ちゃんと母国の相手先に着金するかどうかも不安になるはずです。

ビットコインのブロックチェーン技術は、ピア・ツー・ピアで、驚くべき安い手数料で国外送金を可能にする画期的な技術です。

したがって、ビットコインを「大衆的な暗号通貨」とするなら、Zcashは「富める者のための暗号通貨」と言うことができるかもしれません。

JPモルガンが、アンチ・ビットコインであり、大衆的な国際送金システムのリップル・プロジェクトから離れてZcashに鞍替えしたのも、当然の帰結なのでしょう。

JPモルガンがZcashに乗り換えた、もう1つの理由

さらに、もう1つの決定的な理由があります。それは、イーサリアムと深く関係しています。イーサリアムは、暗号通貨というより、ICOのプラットフォームと言ったほうが理解しやすいかもしれません。

イーサリアムは、それ自体がまだ未完成で、完成形に至るまで、ハードフォークや仕様変更など、4度の開発段階を経なければなりません。

最終的には、4段階目の「セレニティ」を経て、ビットコインと同じプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)からプルーフ・オブ・ステイク(Proof of Stake)への移行が完了することになっています。

差し迫っているのは、最終段階の「セレニティ」への条件整備ともいえる3段階目の「メトロポリス」というアップデートで、9月下旬に実装されることになっています。

「メトロポリスと」と「セレニティ」が実行されると、トランザクションにかかるコストが圧倒的に安くなり、セキュリティも一気に強化されるので、金融業界にとどまらず、ありとあらゆる産業の様相を変えてしまうかもしれません。

JPモルガンが突如「R3コンソーシアム」から脱退すると同時に、リップル(Ripple)から最も匿名性が高いZcashに乗り換えましたが、イーサリアムが最終段階の開発を終えると、非常に匿名性が高い暗号通貨に生まれ変わるのです。

【関連】北朝鮮と人民元、暗号通貨を結ぶ点と線。米中ステルス戦争の勝者は?

その際に、イーサリアムに実装されるのが、Zcashで使われている「ゼロ知識証明」という技術で、9月下旬に予定されているメトロポリスの実施に当たっては、このZcashとの共同作業によって行われるとされています。

つまり、イーサリアムの性能強化と同時に、Zcashがもともと備えている匿名性技術に注目が集まると多くの投資家が期待しているのです。

ですから、JPモルガンがR3から脱退し、イーサリアムの開発や普及に取り組むEnterprise Ethereum Alliance(EEA)に加盟した上、Zcashとの提携を発表したのも自然な流れと言えます

money voice引用

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. オランウータンの独り言 まだまだ~

  2. 仮想通貨とは

  3. オランウータンの独り言⑮勝率アップ

  4. オランウータンの独り言 的中

  5. オランウータンの独り言①

  6. オランウータンの独り言③ リップルコイン

  7. いま、一番ホットな取引所

  8. オランウータンの独り言 これがリスクの今後の展望だ 動画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. オランウータン流バフェットの投資哲学
  2. ノアコインとは
  3. ノアコイン上場予定

人気記事

PAGE TOP