注目の記事 PICK UP!

オランウータンの独り言⑩ リスクコイン

こんにちはオランウータンです

今日は僕のおすすめ通貨 リスクについて書いてみます

<目指せ一攫千金  リスク編>

「マイクロソフトが暗号通貨リスクで金融業界に殴り込み!?」

リスクコインが今後を期待されている理由として『既に大手企業との提携がいくつも決まっている』ということです

  • Microsoft azure
  • shapeshift
  • chain of thing

LISK(リスク)の概要

LISKはスマートコントラクトを特徴とする仮想通貨で、スマートコントラクトは取引で行われる「契約」を自動的にブロックチェーン上に残すことができる仕組みです。ビットコインでは取引情報しか記録されませんが、スマートコントラクトのあるLISKでは契約や条件も付与することができできるのです。つまり従来の契約で中央管理者になっていた組織が不要になり、コストや手間が大幅に削減できるようになります。イーサリアムがこの特徴を持っていることでも有名です。

LISKとイーサリアムの違いは何か?

サイドチェーンを使用している

LISKはサイドチェーンを使用しているのが特徴です。サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは別の分散型アプリケーション上にブロックチェーンを用意し、コードを書いて動作させる仕組みです。例えばLISKのプラットフォーム上に作ったアプリケーションに問題があったとしても各開発者が元の状態に戻すことができます。以前イーサリアムのプラットフォーム上に作ったThe DAOがハッキングされた際にはイーサリアムにも影響が出て、結果としてハードフォークに至りました。リスクコイン(lisk)にはイーサリアムの欠点を補った長所があるのです。リスクコインの使っているサイドチェーン技術は、ハッキングやバグに対応しやすいというメリットを持っているのです。イーサリアムが使っているメインチェーンのプログラムですが、これには大きな難点があります。それは『一度メインチェーンにコードを乗せると修正することが不可能になる』ということです。

JavaScriptを使用

LISKは言語にJavaScriptを採用しています。JavaScriptはwebエンジニアにとって馴染み深い言語であり、参入しやすいメリットがあります。他の仮想通貨でjavascriptを採用しているものはほとんどないのが現状です。

僕的には『Javascript』を採用したことが、今後大きなメリットとなると考えています。

 

イーサリアムと比べられることの多いリスクコインですが、

現状ではイーサリアムが圧勝しています

確かにイーサリアムへの投資は堅いと思いますが、長期的にみた時にリスクコインの伸び代に期待です(^^)

現状リスクコインの市場はまだまだ小さいため、リスクコインを持っていることで今後何十倍数百倍もの価値をつける可能性が十分にあります。

CCに上場している通貨でリスクコインが最もポテンシャルが高いと考えています

JavaScriptをサイドチェーンの言語にしていることが最も大きなメリットです

そこに、マイクロソフトのウインドウズに便利なソフトが標準装備されれば、

もう!鬼に金棒!!

その結果は、誰でも容易に想像出来ることでしょう(^o^)

笑いがとまりませんねぇ~

あと、どのくらいで僕は億万長者になれるかなあ~

数百倍の価格上昇に期待しています

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. オランウータンの独り言⑪  ストラティスコイン

  2. オランウータンの独り言 キャンペーン

  3. ノアプロジェクト最新速報

  4. オランウータンの独り言 シアコイン2018/02/20

  5. オランウータンの独り言 KCS1月

  6. オランウータンの独り言ダイム9-11

  7. オランウータンの独り言⑨ シアコイン

  8. オランウータンの独り言 KCS

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. いま、一番ホットな取引所
  2. ノアプロジェクトとは
  3. ノアコイン最終プレセール

人気記事

PAGE TOP